RF美顔器は、自宅で本格的なケアができる美顔器です。

正しく使用することで、ハリのある理想的な肌に導くことができます。ここでは、RF美顔器使い方・頻度と注意点について解説致します。

RF美顔器の使い方・手順

RF美顔器使い方は、まずクレンジング剤などでメイクを落とし洗顔を終えた後に使用します。電源を入れてリズムを選び、温感RFレベルを選択してから予熱がスタートとなります。専用のジェルを使用して、RF美顔器でケアしていきます。
最初の8分間で、フェイスラインから口元、こめかみ部分まで順番にケアしていきます。

フェイスラインは肌のたるみが出やすく、シワなども目立つ部位になります。エイジングサインが現れやすいので、丁寧にケアすることが大切です。RF美顔器は、リフトケアをしやすい形状になっています。ヘッドの先端はストレートになっているトップフラット形状なので、肌をリフトして動かしやすいのが特徴です。ブローブ面の中央は上下に動く仕組みなっていて、肌に密着させることができます。

それから2分間で、口元のリフトアップを行います。RF美顔器を使用する時間の目安は、1日に10分程度になります。RF美顔器を使う頻度は、週に3回までが理想とされています。過度な使用はかえって肌に負担をかけてしまうので、1日空けて週に3回までに抑える必要があります。

ハリのある肌にしようと毎日使用するのはおすすめできません。

RF美顔器の注意点

RF美顔器使うときの注意点には、ブローブ面とフレーム全体が肌に密着するように使用することが挙げられます。ヘッドが振動するまでしっかり肌に当てないと、RFや超音波の効果が得られないこともあります。肌にしっかりと当てるように気を付けましょう。

温感RFレベルの合わせ方は、自分の体調などを考慮して選ぶことが重要です。最初に使用する際には、低めのレベルを選ぶといいかもしれません。また、RF美顔器には専用のジェルが用意されているので、それを使用するのが最適です。ただし、美容液や乳液、ジェルなども使用することはできます。